読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
HyperCardを懐かしみます。SafariかGoogleChromeでご覧になることを推奨します。

HyperCardスタック「ねこの主張」(1996年)紹介

f:id:Play_Boing:20170509234643p:plain

作品名:ねこの主張
制作者:HIROMICHI氏
制作年:1996年
出 所:『Macがいちばん!1996/7』付録CDROM
認定番号:第1996-00014号

 

「タロ」という名前のねこが、どこぞで見るような陰謀論を主張をしようとするが...

 

以前紹介した「ねゃんこ」の作者の別スタック。同一カードを使いまわすカードアニメスタック。ねこは可愛いのでこれからもねこスタックは贔屓にしていきます。

 

12カード中、カード1,2,3,8,9,11を引用します。鑑賞時間は1分程度。公開期間は一ヶ月程度。

MacWindowsをご利用の方へ、
デスクトップが狭いのでメニューや各種編集ウィンドウが表示しきれません。広いデスクトップを使いたい方はこちらをどうぞ

HyperCardスタック「たまげきじょうVOL.3」紹介

f:id:Play_Boing:20170509234331p:plain

作品名:たまげきじょうVOL.3
制作者:よしのたまきち氏
制作年:1996年
出 所:『Macがいちばん!1996/7』付録CDROM
認定番号:第1996-00013号

 

よしのたまきち氏は当時職業漫画家で、検索してみると現在でも各所で画像を公開している。たとえばここここ


「たまげきじょう」は複数のマンガから構成され、単純に読み進むものや途中で分岐分岐ものがある。本作はその三作目である。画力や構成力はさすがである。「大江戸うそ八百」と「どうていくん」を引用します。前者が分岐あり、後者が分岐なしのものです。

 

以前、紹介した「オチがいっぱい2」のまるたつ氏もマンガ家で、この当時漫画家がHyperCardならでの作品制作を試みたことが知られる。いずれもプロらしい出来栄えとかと思う。

 

84カード中、カード1〜23,25〜27,53〜58を引用します。鑑賞時間は数分程度。サイズを約6割に縮小しています。それでもiPhoneではわずかに左右がみきれますが、これより小さいと視認性が落ちてしまいます。公開期間は一ヶ月程度。

MacWindowsをご利用の方へ、
デスクトップが狭いのでメニューや各種編集ウィンドウが表示しきれません。広いデスクトップを使いたい方はこちらをどうぞ

【雑記】『Macがいちばん!』(1996年7月)のスタック

Macがいちばん!』の1996年7月の雑誌は手元にないがCDROMがある。
例によって「デジタル投稿」と「日本のオンラインソフト」フォルダからHyperCardのスタックを探してみると、見落としがあるかもしれないが以下のものがあった。明日以降、いくつか紹介しようと思う。

 

「デジタル投稿」
 けんたろ氏 「奴の名はブラック」
 よしのたまきち氏 「たまげきじょう-3」
 音烏香枝氏 「バラバラ事件スタック」
 ひろみち氏 「おねえさんとあそぼう」
 ひろみち氏 「しーそー」
 ひろみち氏 「スーパーアンドロイド松金 敏vol.4」
 ひろみち氏 「スーパーアンドロイド松金 敏vol.5」
 ひろみち氏 「ドクターのう vol.5」
 ひろみち氏 「ドクターのう vol.6」
 ひろみち氏 「ねこの主張」
 ひろみち氏 「平日ソルジャーvol.1」
 ひろみち氏 「平日ソルジャーvol.2」
 天川大祐氏 「とど」
 天川大祐氏 「とど2」
 

「日本のオンラインソフト」

 まるたつ氏「Hip Bird」

 齋藤千晶&美男氏「Let'sGoバーゲン」