読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
HyperCardを懐かしみます。SafariかGoogleChromeでご覧になることを推奨します。

HyperCardスタック「THE 野球拳」(1995年)紹介

f:id:Play_Boing:20170408115819p:plain

作品名:THE 野球拳
制作者:ニヤ氏
制作年:1995年
出 所:『Macがいちばん!1996/3』付録CDROM

認定番号:第1995-0003号

 

軽快なミュージックにのって勝負!
勝負相手の由希子さんの醸し出す雰囲気がいかにも90年代な感じで素敵です。

 

野球拳スタックというのはかなりの数が出回っていたと思う。これではない別の野球拳スタックで必死になって勝負した記憶がある。野球拳ものはゲーム性はどれを取っても同じようなものですが、あればついやってしまいます。吸引力は抜群ですね。

 

READMEによれば作者のニヤ氏は「ぢょせい」で、何かの勘違いで作ってしまったスタックとのこと。仕様としては7回勝つか3回負けるかでゲーム終了。7回勝つと結構刺激的な画像が見られるのですが、引用復元にあたっては1回勝つか3回負けるかでケーム終了としています。残念でした。ちなみに私は7勝1敗の圧勝で画像を見ることができました。

 

116カード中、カード1〜12,49〜65,106,107,115,116を引用します。鑑賞時間は数分程度。iPhoneでもご覧になれるようにサイズを約7割に縮小しています。オリジナルは横352ピクセル、縦256ピクセルです。アイコンがカラーだったのでデスクトップ周りもカラーにしてみました。本当は漢字Talk7時代なのでしょうが、MacOS8のプラチナアピアランス風です。公開期間は一ヶ月程度。

MacWindowsをご利用の方へ、
デスクトップが狭いのでメニューや各種編集ウィンドウが表示しきれません。広いデスクトップを使いたい方はこちらをどうぞ。


ただし、オリジナルを尊重し、"Object"メニューは非表示、"Go"メニューはDisabledにしています。

 

公開終了しました。2017/5/13