HyperCardを懐かしみます。SafariかGoogleChromeでご覧になることを推奨します。
復刻スタックのサイトはこちらです。新作スタックのサイトはこちらです。
スピンオフブログ「HyqerCardって何?」はこちらです。

HyperCardスタック「はいぱあれもん Vol.1」(1994年)紹介

f:id:Play_Boing:20170824002207p:plain

作品名:はいぱあれもん Vol.1
製作者:ふくろこうじ氏
制作年:1994年
出 所:不明
認定番号:第1994-0004号


このスタックは、「Macintoshと少女」という普遍的なテーマの元に構成されています。

 

何言ってるんだろう? 普遍的なテーマ? という感じですが、要はエロスタックです。

前回紹介したvol.6の予告編が96年ですから、遡ること2年の94年に手持ちのvol.1の第2版が作られています。タイムスタンプは1月の初めですから、第1版は93年だったかもしれません。長期にわたって作られた作品群の一作目です。

 

内容はというと、立花舞と西村由美という二人の少女の所有するMacのスペックについて回答して正解すると、スカートをめくって下着を見せてくれて、あらぬところをクリックするとカラー化して恥ずかしがってくれるというもの。

 

ちょっと何をいってるのかわかりませんね。でも、このとおりなんです。

 

引用範囲は「オープニング」、「はじめに」、「立花舞さんのクイズのところまで」と「あとがき」。肝心のエロシーンは範囲外ですが、オープニングに脱衣シーンがあるので、そういうのがお好きな方はどうぞ。

 

はいぱあれもんシリーズは「ハイパーモモデラ」というツールでカラー化やアニメ効果を実装しています。私は「ハイパーモモデラ」を使ったことがなかったので、このツールを使っているスタックの再現紹介はできないと考えていたのですが、前回vol.6の予告編の紹介した時に、やはり、はいぱあれもん本編のいずれかを紹介しないのはスタック紹介ブログの名折れかと思い、挙動を確認しながらスクリプトにらめっこして、なんとなくXFCNを作ってみました。実際の仕様がわからないのでかなりいい加減な実装ですが、今回の紹介範囲であればまぁいいかなと自分に甘くしてみました。

 


51カード中、カード1-20 28 48-51を引用します。鑑賞時間は数分程度。サイズを約6割に縮小しています。オリジナルは横512ピクセル、縦342ピクセルです。公開期間は一ヶ月程度。

MacWindowsをご利用の方へ、
デスクトップが狭いのでメニューや各種編集ウィンドウが表示しきれません。広いデスクトップを使いたい方はこちらをどうぞ