HyperCardを懐かしみます。SafariかGoogleChromeでご覧になることを推奨します。
復刻スタックのサイトはこちらです。新作スタックのサイトはこちらです。
スピンオフブログ「HyqerCardって何?」はこちらです。

HyperCardスタック「はいぱーかーどのやぼう」(2018年)紹介

f:id:Play_Boing:20180205210310p:plain

作品名:はいぱーかーどのやぼう
製作者:Play Boing
制作年:2018年

 

「ぐんまのやぼう」というゲームをご存知であろうか。

 

作者のHPによれば次のとおりです。

資源(ねぎ、こんにゃく、きゃべつ)を収穫して、G(GUNMA)を手に入れて、G(GUNMA)を消費して各都道府県を制圧し群馬県にしていくゲームです。とてもわかりやすいですね。
最終的にはあなたの故郷も群馬県です。やったね!

 ちなみにこんな画面です。

f:id:Play_Boing:20180205210758p:plain

 

 「ぐんまのやぼう」はスマホ向けのゲームで、私は普段ゲームをしない人間なのですが、2012年ころに話題になって、群馬県出身者としてはやらない訳にはいかない、とういことで一時期だいぶやっていました。最近「ぐんまのやぼう2017」というのがあることに気づき、いま、やっている最中なのですが、ゲーム自体はシンプルなものなので、ハイパーカードでもできそうだな、やったらどんなものができるだろうか、ということで作ってみた次第です。まぁ、お遊びです。

 

 自作のスタック紹介で恐縮ですが、基本的な仕様は「ぐんまのやぼう」をリスペクトした物なので、それなりのものになっていると思います。いきなり偽HyperCardで作るような無粋なことはせず、MacOS9上のHyperCardで作ったものをフォーマット変換したものなので、れっきとしたHyperCardスタック紹介です。

 

 当初はなるべく「ぐんまのやぼう」と同じものつくろうと思ってたのですが、「ねぎ」「こんにゃく」「きゃべつ」のアイコンを作ろうとしたところで面倒くさくなって、既存のアイコンでいいやということで考えていたら、「はいーぱーかーどのやぼう」という物ができあがった次第です。背景に拙い群馬県の図形が描かれているのは当初の名残です。「ひまつぶし」「すごろく」「がちゃ」などは実装していませんので、無効なボタンがありますが、有効にはなりません。これも当初の名残です。

 

 しかし、HyperCardの生産性の高さはやはり素晴らしいですね。基本的なゲーム機能をみたすところまで、へぼプログラマーの私ですら、ほんの数時間でできてしまいました。短時間でみるみるうちに形になっていくのが楽しくて、20年ぶりくらいにHyperCardで作る楽しさというものを味わいました。これを例えばjavascriptで1からつくろうと思ったら、気が遠くなりそうです。

 

 さて、ゲームの方ですが、「収穫」「制圧」を繰り返し、レベルを上げていくものです。

 群馬特産物の「ねぎ」「こんにゃく」「きゃべつ」の代わりに「ビル」「マック」「スタック」を収穫します。

 各都道府県の代わりに、各ソフトウェアを制圧します。今回は各種ウェブブラウザを取り揃えました。

 かつてビル・アトキンソンが「もし米サン・マイクロシステムズ社のようなネットワーク中心の文化で育っていたら、ハイパーカードが最初のウェブブラウザーになっていたかもしれない」と言ったそうです。なので、最初のウェブブラウザーになれなかった恨みを晴らすつもりでMosaicを始め各種ウェブブラウザを制圧してハイパーカードにしてしまいましょう。

 

 本物にくらべて初期の育成時間も短いし、レベルアップの条件も簡単にしたので、容易に制圧できると思います。ここでやってみて面白いと思ったら、ぜひ、本物を試してください。面白くないと思っても、ぜひ、本物を試してください。操作性も良いですしゲームバランスもさすがにプロの仕事。きっと面白いですよ。

 

公開期間は一ヶ月程度。

 
MacWindowsをご利用の方へ、
デスクトップが狭いのでメニューや各種編集ウィンドウが表示しきれません。広いデスクトップを使いたい方はこちらをどうぞ

【雑記】SheepShaverでのHyperCardのvisual effect

 SheepShaverはPowerMacエミュレーターです。大変結構なエミュレータでして、私は重宝して使っていますが、HyperCardのvisual effectが効かなくなるという困った事象があります。私の環境(OS X10.10 SheepShaver2.4 MacOS9 HyperCard2.2)だけかとも思いましたが、ここでも同様の事象が報告されているので、私の環境固有の問題ではないようです。

 

 いろいろ試行錯誤したところ、OS9のコントロールパネルのモニタでカラー階調を「白黒」にすると、visual effectが効くようになりました。ただし、動作が不安定でよくOSごとフリーズしたりします。すべての環境での動作を保証するものではありませんが、同様の事象にお困りの方は試してみてはいかがでしょうか。

 

 ついでに、Classic環境でVisual Effectが効かなくなる話も聞きます。私の環境(iMac G5 OS X 10.5)でも発生します。この場合、hide menubarをすると半端にエフェクトがかかります。

HyperCardのボタンをCSSでそれっぽく再現

f:id:Play_Boing:20180113012801p:plain

 あまり実用性はありませんが、HyperCardのボタンをHTML/CSSでそれっぽく再現する試みです。

 

 

 Button Name  

 Style  

 Font  

 FontSize  


   Auto Hilite

 

 

 「チェックボックス」、「ラジオボタン」、「ポップアップ」はHTMLでは別要素なので割愛しました。「楕円」、「省略時設定」はやり方が思いつきません。 

 

初期値は"Round Rect"でこんな感じ

<button style="color:black;background-color:white;border-color:black;border-style:solid;border-width:1px;border-radius:6px;box-shadow:1px 1px 0px black;">New Button</button>

 

見づらいので整理すると

color: black;
background-color: white;
border-color: black;
border-style: solid;
border-width: 1px;
border-radius: 6px;
box-shadow: 1px 1px 0px black

 

CSSの各値は次のとおり

  Transparent Opaque Rectangle Round Rect Shadow Standard
color black black black black black black
background-color #00000000 white white white white white
border-color #00000000 white black black black black
border-style solid solid solid solid solid solid
border-width 1px 1px 1px 1px 1px 1px
border-radius 0px 0px 0px 6px 0px 6px
box-shadow 0px 0px 0px 0px 0px 0px 1px 1px 0px black 1px 1px 0px black 0px 0px

 

ご注意と補足

  •  Auto Hiliteはjavascriptで制御しています。
  •  フォントやサイズは任意にご指定ください。
  •  KrungthepやOsakaはMac用のフォントですので、できましたらMacでご覧ください。
  •  アイコンをつけることこんな感じになります。