HyperCardを懐かしみます。SafariかGoogleChromeでご覧になることを推奨します。
復刻スタックのサイトはこちらです。新作スタックのサイトはこちらです。
スピンオフブログ「HyqerCardって何?」はこちらです。

HyperCardスタック「音霊屋敷へようこそ」(2000年)紹介

f:id:Play_Boing:20170709000019p:plain

作品名:音霊屋敷へようこそ
製作者:彦ぷん氏
制作年:2000年
出 所:http://www.vector.co.jp/soft/mac/game/se154915.html
認定番号:第2000-0001号

 

Vectorにあった、あの、、鹿の剥製がある館のゲーム、、あるじゃないですか、、、なんだっけ、、、

 

先日Twitterで、ある方が上記のつぶやきを発していました。あとのキーワードはHyperCardということだったので「音霊屋敷へようこそ」ではないですか?とスクショ付きで返信したら、まさしくそれだ、とのことでした。

 

本作はフォーマット変換に失敗しそうな雰囲気がしていたので、敬遠していたのですが、試しにトライしたら一部失敗したものの、差し支えなさそうだったので紹介します。

 

何かと甲高い笑い声が鳴り響くのが、個人的に鬱陶しいなと思うのですが、クリック&ポイントのゲームとしてはクリックする楽しみに満ちたスタックだと思います。結構クリアに手間取って何時間かかかりましたが、クリアした時は達成感がありました。

 

1階、2階、物置がステージなのですが、紹介するのは館の1階部分だけで、伝説の『青いサウンドストーン』を入手できたら、一応クリア扱いでいいかと思います。

 

100カード中、カード1-13,27-30,95-100を引用します。鑑賞時間は初めてなら数十分程度。サイズを約6割に縮小しています。オリジナルは横512ピクセル、縦342ピクセルです。公開期間は一ヶ月程度。

MacWindowsをご利用の方へ、
デスクトップが狭いのでメニューや各種編集ウィンドウが表示しきれません。広いデスクトップを使いたい方はこちらをどうぞ