HyperCardを懐かしみます。SafariかGoogleChromeでご覧になることを推奨します。
復刻スタックのサイトはこちらです。新作スタックのサイトはこちらです。
スピンオフブログ「HyqerCardって何?」はこちらです。

HyperCardスタック「幽霊と赤い玉」(1996年)紹介

f:id:Play_Boing:20170712230352p:plain

作品名:幽霊と赤い玉
製作者:テツロー氏
制作年:1996年
出 所:『Beginners' Mac 1996/12』付録CDROM
認定番号:第1996-0032号

 

幽霊が出ますが、全然怖くないです。どちらかというとめでたしめでたし系のお話です。

 

基本的にポイント&クリックゲームなのですがプロローグが全体の2割ほどを占めます。ゲーム自体は簡単で、すぐクリアできてしまいます。私が気に入ったのは、なんとなく日本人らしからぬ絵柄で、昔の外国の絵本みたいな感じを思わせます(個人の感想です)。


ゲームはプロローグに出てくる赤い玉と対になる赤い玉を探して屋敷内外をクリックしまくるものですが、引用するのはプロローグのみ。なので、絵本みたいになってしまいました。

 

文字はもともと画像として書かれていたのですが、縮小にあたって、読みづらくなったので、文字を書き起こし、フィールドで表示させることにしました。


53カード中、カード1-10を引用します。鑑賞時間は初めてなら数分程度。サイズを約6割に縮小しています。オリジナルは横512ピクセル、縦342ピクセルです。公開期間は一ヶ月程度。

MacWindowsをご利用の方へ、
デスクトップが狭いのでメニューや各種編集ウィンドウが表示しきれません。広いデスクトップを使いたい方はこちらをどうぞ